熱狂的!社員インタビュー


光田 直之




光田 直之|社長室・CCO・CBO・プロジェクトマネージャー
2011年にデザイナーとして中途入社。とってもデザインが大好きなモジャモジャおじさん。



Q1.現在の仕事内容

社長室での仕事と言うよりは、CCO(チーフ・カルチャー・オフィサー)として、企業文化を育む環境・仕組みを整えています。
株式会社MJEが何を為し得たい企業で、そのためにどのような事業をし、どのような人材を求めているのか…企業にとって大切なことは何か?そんなことをずーーーーっと考えています。病的なくらいですね(笑)



Q2.これまでの経歴を教えてください

もともと、デザイナーで入社しました。
ちょうど看板型自販機ボードステーションといった事業がスタートするときで、デザイナーを募集していて、おもしろそうだなと(笑)
お客様と直接やりとりをさせてもらいながら進めていくデザインは、本当に楽しかったですね。
自分の中に答えがあるわけではなく、お客様の中に答えがあるってことに気づくことができたきっかけです。この思考は今の業務にもかなり活かされています。



Q3.株式会社MJEの強みを教えてください

若い社員が多いことでしょうね! これは大きなアドバンテージだと思います。
これからもっともっと若い社員が増えれば、会社も今のままでいいわけがない(笑)
つまり、変化をし続けるということ。それはとても今の時代に合っているし、多様な人材が増えることにも繋がるでしょうし。
ただ、多様な人材が増えればいいってわけでもないのですし、多様な人材で構成されるチームの力を最大化できてこそイノベーションが生まれると思うので、そこはCCOとして、多様な人材が働きやすい活躍できる環境を創っていかないといけないですね。
相当なプレッシャーはあります(笑)



Q4.自分の組織についてどう思いますか

入社以来、本当に周りの人に恵まれていると言うか、救われていると言うか、基本的に皆、僕なんかより能力が高いんです(笑)
なので、多くを学べる環境と言えます。自分の考え方や働き方が凝り固まっていくのはイヤなので、若いメンバーや他事業部と絡みながら働ける今の組織は、日々新しいことを得れるので、とても刺激的です。
もう、おじさんと言える年齢ですけど、まだまだ成長できるんだと感じています(笑)



Q5.仕事のうえで大切なこと

仕事って、絶対に成果にこだわらないといけないと思っています。僕は価値観経営の本質って、1人ひとりが主体的に働くことで生産性が向上し、その結果、企業価値も高くなる! それが本質だと思っています。つまり、生産性が向上しているのに成果がでていないというのはおかしいはずです。
ただ成果だけにフォーカスしてしまうと、「成果のためなら何をしてもいいのか?」ってことになります。
そうじゃなくて、お客様にどのような体験をしてもらえたか、喜んでもらえたか、その対価として利益が生まれたか…
それが成果なのだと思います。僕はデザイナーでもあるので、やはり成果で評価されたいですしね!
「成果がでていない=お客様の課題を解決できていない」ってことと同じなんだと思います。
答えはお客様の中にあるんだということを常に考えて忘れてはいけないと思っています。










管理メンバー