ブログ
 



このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 

yoshimoto_3

 
 

お疲れ様です。

IP事業部プロモーション営業部の吉本です!!

 

クマバチってご存知ですか?

 
 

クマバチ1

 
 

クマンバチと呼ばれる方もいらっしゃいますが、

正式にはクマバチといいクマンバチとはスズメバチのことをいうみたいです。

今回はそのクマバチの話なんですが、
皆様よく見て下さい。

 
 

クマバチ2

 
 

図体の割に羽小さすぎませんか?

羽が小さすぎて航空力学的に飛べないって、ずっと言われていて

クマバチは「飛べると信じているから飛べるのだ」

という説が大真面目に論じられていたほどでした。

この話があるため、しばしば会社やスポーツチームの

シンボルマークとして使われることがあるみたいです。

 

クマバチが出てくる話は結構存在して、

それは「諦めなければ何事もできる」という象徴のようなものでした。

「不可能を可能にする」という意味のシンボルとしてクマバチが使われたり、

純真無垢であることの大切さ、自分から限界を決めてはいけない、みたいなお話しに

繋げられることがよくあったりします。

 

ただそれは昔までの話で、

最近の研究でレイノルズ数(空気の粘度)という、流体の粘性に関する法則が発見されたおかげで

小さい虫にとっての空気は、人間や大きな鳥にとっての空気よりも

ずっとねばねばしたものである、ということが解ったんです。

 

この「ねばねばした」空気中という条件で計算すれば

ちゃんと飛行可能という結論が出るとのことです。

 

はい、そうなんです。何事にも理由があるんです。

今何か出来ていないことも出来ていることも理由があって、

そこを発見出来る力・問題発見力・そして問題解決力が

とても大事で、仕事が出来る人のほとんどがここの部分が長けているんだなーって最近常々思います。

 

なので、問題を発見して解決出来るようにモノゴトの本質がどこにいるのかを常に考えていきたいと思います!!

 

以上です!!

 
 

【合わせて読みたい!オススメ記事】

・UFO

・イメージで変わる日々






営業部

オフィスソリューション 事業部

最新のIT技術やボードステーションの販売を行う事業部。