ブログ
 

ベンチャーも大企業もフリーランスも金融機関もみんな村に集まれ!

2018年1月


このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
こんにちは、MJE社長の大知です。
 
当社の大型シェアオフィス「billage OSAKA」が4月に大阪本町の東芝大阪ビル(1Fがスタバ)の8Fに約270坪でオープンします!
それに伴って、billageの施設コンセプトやサービス内容が大阪市の「ベンチャー育成におけるイノベーション拠点」として認定頂き、本日に報道発表が出ました。(パチパチ)
 
MJEとしてのリリースはコチラ
 
大阪ではベンチャー企業を中心に新しいビルが多い梅田に集まって来やすい傾向にありますが、大阪のメインストリートは御堂筋であり、御堂筋の活性化は大阪の念願であります。
今回オープンする場所は、googlemapで「御堂筋」と検索するとポイントされる交差点に位置するビルです。要するに、ここが御堂筋の真ん中であり、それは大阪の中心を意味するのです!(かなり強引。笑)
 
大阪のメインストリートである御堂筋の真ん中から「ベンチャー育成・創業支援・企業の継続力アップ」を追求していき、関西を思いっきり盛り上げていきたいと思います。
 
(エントランスのイメージ)

 
(ギャラリーのイメージ)

 
アクセラレーションプログラムやメンター制度や金融機関とビジネスのマッチングなどを積極的にどんどん行っていくと同時に、本質的なコミュニティの風土(カルチャー)に私たちは拘っていきます。
私たちはbillageのコンセプトを「村」としています。その根底には、助け合いや仲間意識、良い意味でのおせっかいなど、人と人の近い距離間づくりこそが重要という想いがあります。
 
そして、その風土を創るのは「そこにどんな人達がいるのか」です。
 
当社のシェアオフィスでは、レンタルオフィスの入居条件に「コミュニティコアバリューへの共感」を掲げています。
「growth,share,friendly,fun」
成長意欲、共有のマインド、フラットで仲間である、何事も楽しむ
 
なんてことのない価値観ですが、風土を作る上ではそれが重要な事だと思ってるわけです。それがMJEが実践してきたことであり、大きな大きな強みであると思っています。
 
 
また今回、初期内装は必要最低限にとどめています。その理由は、入居者同士が共同のDIY作業で距離感を縮めて良いコミュニティを形成してもらうため、また内装や装飾のDIY作業で「村」が発展するように空間が出来上がるプロセス体験を共有したいからです。
これも大きなチャレンジですが、風土づくり・独自性を創るために選択しました。
 
オープンスペース・サロンに関しては、積極的に無料のセミナーやイベントをガッシャンガッシャン行っていきます。
学びの場、商談の場、面接の場、イベントの場、交流の場、マッチングの場、、、総称して成長の場。
ヒト・モノ・カネ・情報の出会いの場であり調達の場として機能するプラットフォームにしていきます。起業予備軍も起業したての人もベンチャー企業もフリーランスも大企業も金融機関も、皆さんにご利用いただけたらと思います。
 
また「一緒に関西を盛り上げてください!」と皆さまに直接お声掛けさせていただきますので、ぜひメンターのお引き受けや、交流やマッチングの場としてのご利用、出会いの場としてのご利用を宜しくお願い致します!!
 
 






代表

m.oochi

m.oochi