ブログ
 

わたし的CLAP理論

2017年11月


このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
「いつも頑張ってる自分をたまには褒めたっていいじゃんかさ〜」
 
どうも、WEB事業部 同村です。
 
突然ですがみなさん元気ですか?!
なんか日本も冴えない感じですが、みなさんいけてますか?笑ってますか?
みなさん毎日仕事もプライベートも色々あると思うので、多かれ少なかれ、悩みもあるでしょう。
モチベーション下がる時もあるでしょう。
 
今回は、自称MJEで3番めにポジティブな、
わたしの自分的モチベーションの上げ方について書きます。
 

 
私はというと
昔から気分の上がり下がりが激しい人間でした。今もそうかも(笑)
落ち込む時はメンタルが木星まで飛び立ち、気分が上がる時は他に何も手につかないくらい前向きに頭フル回転で熱中してご機嫌になります。
※ややこしいタイプですww
 
その理由として、
幼少期から人間関係が割と複雑なコミュニティに居たため、(内容は割愛します。)
なんやかんやでメンタル的に弱く、自分に自信が持てず、常に自己嫌悪、劣等感に苛まれやすく、人との衝突を避けて生きてきたからだと思います。
 
その影響かどうかわかりませんが、よく落ち込む、考えすぎるなど、とにかく自分に自信がない人間になったと思います。
 
 
でもね、そんな私もこれがあれば大丈夫。
そしてスマホの前の君も!
 
簡単にできて なおかつスーパーポジティブになれる!
そんな方法を導き出しましたので共有します。
 
 

わたし的モチベーション上げる方法

 
ズバリ、これを作ること。見ること。
どーーーーんっ!!
 

 
あまり公開したくありませんが、
必殺「同村里沙人生ファイル」です。(笑)
 
ここにスーパーポジティブになる方法が書いてあります。
っていうよりは、いつも苦しい時に書き殴ってきたモノが凝縮され、ファイリングされていますww
 
当初は特に意識はしていませんでしたが、
落ち込んだ時、人生の転機、大ピンチの時、誰にも言えない苦しみ、複雑な悩み、
何かうまくいかないなーと思ったその度に、わたしはルーズリーフに自分の気持ちを書き殴って来ました。
それによって気づいた事、発見した事も合わせてファイリングしています。
 
日記なのかと聞かれるとそれは違います。
どちらかというと自分自身の説明書、という方がニュアンス的に近いです。
要はこれを貯めていき、またつまづいた時に再び見ることによって早く起き上がれるような、そんな方法論も載っている説明書です。
 
これがあると、まさに鬼に金棒。
自分の傾向を知る事ができます。
すると事前に対策も打つ事ができます。
よってモチベーションが下がってる時の特効薬になります。
 
え? なになに?
そんなんめんどくさいよって?
別に今の自分から変わらなくてもいいし~
ダルいし~
成長したくないし~
そういう次元の人は
ここで今すぐスマホの戻るボタンを押してください(笑)
 
 
 
ちょっとでも何それ??って思った方には
役に立つかはわかりませんが、せっかくなので「人生ファイル」にまとめていることを共有します↓↓↓
 

発見系

 

 
私は毎日何かしら発見があります。
それは尊敬する友人、同僚、チームメイトに囲まれているからだと思います!
レベルの高い集団にいると、自分が知らなかったことが知れます。
分からなかったことが分かるようになります。
気づけなかったことが気づけるようになります。
 
私の友人の良いところを何個も列挙して、ルーズリーフにまとめます。
文字に書き起こす事で、その良いところがまるで自分のものになります。
 
「せっかく発見したのに、忘れてしまう」という一番もったいないことは絶対に避けたいので、記録しておくという意味もあります。
 
友人の良いところもそうですが、自分が今までに褒められた事もちゃっかり書き連ねますww
 
忘れた頃に読み返すと、
「あの人は本当に素敵だなあ、自分も頑張らなきゃ」
「昔自分もそんな時もあったなあ、もう一度やってみよう!」
など、結局ポジティブになります。笑
 
紙に起こす(アウトプットする)事で、小さな気づきをより深く理解することができます。
良いことばっかりです♪
 

分析系

 

 
ポジティブでも
ネガティヴでも
感情が動いた時、脳内停止しそうになるので私はこれを書くと決めています。
どうせ自分しか見ないので素直に感情的に書きます(笑)
 
「○○が△△だからムカつく~」
「○○は納得できない~」
「○○したいのに出来ない~」
などなど。
 
文字に起こすと、自分が何故今苦しいのか、その原因分析、因果関係がわかります。
また今の状況を多面的に客観的にみる事ができます。
 
また、「今はどうしたらいいのかわからなくても、それをみた未来の自分がなにか気付いてくれますように」という気持ちも込めています。
※半年後、一年後とかに見返すと、気付きがたくさんあります。
 
そこから気付いたことも、更にルーズリーフにまとめてファイリングします(笑)
または、赤ペン先生並みに気づいた事を追記します。
「この時はわからなかったけど、今なら答えがわかる!」
「この時はこうだったから、次はこうしてみよう。」みたいなこともできるのです。
すると段々、自分がつまずくポイント、モチベーション下がるポイントがわかってきます。
 
※ちなみに私の場合、悩んでいるのは大体コレです(笑)
・成長してない時(一年前、一ヶ月前の自分と今の自分が変われていない時)
・出来るようになりたいのに、できない時
 
 
自分の傾向にまず気付くことが大事です。
自分が何故悩んでいるかを知る。
それにはきっとパターンがあり、共通点があるのです。
すると、自分の傾向やいつもつまずく点、思考の偏りが明らかになるのです!!・:*+.\(( °ω° ))/.:+キラーン
 
それがわかったら、対策も打つことができるんですよね。
書き連ねて残していくことで、自分がどんな人間なのかわかってきます。
 

日記系

 

 
振り返り、抱負系も多いです。
新年というよりは、誕生日を基準に半期に分けて振り返ります。
 
27歳まであと半年しかない!
やるべきことは何か?
やり残したことはないか?
26歳はどういう年だったか、何ができるようになったのだろうか!?
来年はどうしていこうか、そもそも何歳までに何をしようか
 
などなど
ロードマップを明らかにして、それを後々見返すと、「悩んでいる暇はない、すぐに行動だ!」とやる気がみなぎります。
 

宣言系

 

 
これも多いです。笑
 
例えば、、、
・27歳の誕生日までにマネージャーになる ←これは叶った!
・2017年冬にモンクレールのダウンを買う
・2018年秋にBurberryのトレンチコートを買う
・202X年に世界一周の旅に出発。など
 
人生でやり遂げたいこと、
身に付けたいスキル、
ほしい物リスト
などはすぐに記録します!!!
 
 
このような事を繰り返すことで
自分が何者なのか、
なぜこれをするのか、
迷った時はこうしよう、
悩んだ時は大体こういう傾向があるから、こうしたらいいんだ。
という自分の事がわかってきます。
なので、悩んだ時はこのノートを見ることを習慣にしています。
忙しくて余裕がなくて コレを見れない時はやはり問題は解決しません。
 
これを見返し、分析することでおのずと
「おっしゃ、やってやろーじゃねえか!」と、モチベーションがあがります。
 
そのような気付きを得てまたルーズリーフにまとめるのです。
自分のモチベーション上げる方法リスト化しておきます。(今も更新中)
 

 

人生ファイルのポイント

 
まとめると、、、、
 
とにかく、書く事です。
なんなら、残す事です。
そしてルーズリーフにしてください。
ノートじゃダメです。順番変えられないんで。
スマホじゃダメです。データ消えたら終わりなので。アナログでするべきです。
ルーズリーフ買いに行くのめんどくさいって人は、好きなようにしてください(笑)
 
 
いかがだったでしょうか?
あくまでわたしの方法なので、なにも響かない人もいると思いますがw
そもそもわたしはあなたではないので、なにが効くのかはわかりませんが(汗)
 
上記の方法を読んで、
「へえー!同村さんってそんなことしてるんだー」
もしくは、「同村さんって変な人だな~」
 
どのように感じて頂いたとしても別に構いませんが、このブログが誰かのインプットになればなと思って共有しました。
 
 
この方法が正解なのかはわかりません。
が、私はこの方法が一番効果覿面なのでこれからも実践していきます。
 
総じて、自分を知り、それぞれの元気が出る方法を常に持っている人は強いと思います。
 
自分を高められるのは自分だけです。
楽しい人生にするかしないかを決めれるのも、自分だけだと思ってます。
 
だったら より自分が幸せな道を進みましょう。
 
もちろん、わたしもこれはまだ未完成です。
こんなの作ってるのにも関わらず、私はまだまだひたすら悩みます(笑)
立ち止まります。
何のためにやるのか 時々わからなくなります。
生きていく限りこのノートは完成する事はないと思います。
 
 
しかしながら毎日経済ニュース見てても「なんかイケテナイ世の中だなー」と思い、
わたしのセルフマネージメント方法を開示することによって、Makes Japan Energetic に繋がればなという気持ちを込めて書きました。
 
無論、わたしはスーパーポジティブに
今日も稼働します!!・:*+.\(( °ω° ))/.:+
そんなこんなでさようなら!(*⁰▿⁰*)
 
 






営業部

WEB事業部

WEB事業部