ブログ
 

親が教えてくれた「何で?」の精神

2017年8月


このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
お久しぶりです。
山口です。以前ブログを書いたのは営業の時だったと思います。
 
去年9月よりヘルプデスクを立ち上げ、
今はサポート部でお困りのお客様のサポートを行っております。
 
今までずっとずっと毎日が営業で、
酔っぱらって帰った時なんかは、寝ぼけてベランダに残債の確認に行ってしまう程、営業の事を考えていた訳ですが、、、
 
サポートの仕事は、お客様とのコミュニケーションはもちろん、ネットワークの知識が不可欠になってきます。
 
 
毎日が発見の連続で、、、
 
毎日が知らない事の連続で、、、
 
 
でも、なんだかんだありましたが
今年の9月でヘルプデスクの立ち上げ計画から1年が経ちます。
 
全然関係無いですが、今年31歳になります。
 
 
ほーーーーーーーーんとに時間って経つのは早いですね。
 
私がMJEに入社した時は社内でもトップクラスの若さで、
皆から「若いな若いな」なんて言われたものです。
 

 
あの M役員も当時はこの若さ!!!!
これ貴重写真です!!!(笑)
 
 
そんなこんなしている間に、新しく入社したかわいい課員も増えています。
 
そんなこの年になると「後悔したくないから、何でもとりあえず深堀りして考えよ」って思う様になったのですが、
その時に「やっぱり親って偉大やな~」って思わされましたよね。
 
 

 
うちの親は私を怒る時に「何でなん???」「何でなん???」という問いかけをしてきて、
当時子供だった私は「正直、鬱陶しい質問攻めやな~」なんて思っていました。
 
ですが、今になって気付いたのが、自分自身の考え初めは常に「何でや?」から始まりますし、
気になったら夜も寝れない程に「何でか」って事にこだわれる様になっているのです。
 
 
これって習慣っていうか、癖のレベルにまで到達してしまっていると自分で感じています。
ギターでもあるんですよね、手癖ってやつが(笑)
 
結局なんだかんだで「何で?」攻めされて育ててくれた親に今は感謝していますし、
ここでこうやって親への感謝の気持ちを語れるなんて私も、「もうおっさんになったんだな~」なんて改めて感じてしまっております。
 
今後も「何で?」「どうして?」「本当にそれが正しいのか?」を常に考えながら
歳を重ねていくと思いますが、、、、
 
できれば考え過ぎで頭ハゲないでくださいと願う毎日を過ごしております。
 
 
ではまた次回のブログでお会いしましょう!!!!
 
読んでくれた皆様ありがとうございます!!!!
 
※ちなみに54歳にしてうちの母スマホデビューしました!!!!(笑)
 
 






営業部

オフィスソリューション 事業部

最新のIT技術やボードステーションの販売を行う事業部。

オフィスソリューション 事業部