ブログ
 

1から2へ、2から6へ

2017年7月


このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
こんにちは!マネージャーの木村です。
突然ですが、みなさんにクイズを出します。
 
問.1→2→6
これは何を意味しているでしょう。
 

 
答.人数の変化。
 
何の人数の変化?ってお話ですが、
これはわたしがこの会社に入社して、一般社員からマネージャーに昇格した時に、会社から与えていただいた環境の変化を表した式です。
 
去年の9月。わたしはマネージャーになり、2人のチームとして運営していました。
今年の4月。2人の組織から6人の組織のマネージャーとして、さらに大きな組織を運営する環境を与えて頂きました。
 
今回、この約4ヶ月間ですが、この環境の変化からわたしなりに経験したことや学んだことを、アウトプットできればと思います。
そして「MJEのマネージャーってこんな考えを持っているんだ」、「こんなことができるんだ」と感じてもらえれば嬉しいです。
 

 
――MJEのマネージャーってどんな仕事をしているの?
共通して浸透しているミッションとしては、チーム(組織)のトップとして運営しミッションを達成、成功へと導いています。
 
――マネジメントに人数の違いってあるの?
わたしは元々2人チームの組織を運営をしていました。
2人から6人に変わった当初、この変化ってそれほど大きくないと考えていました。
なぜかと言うと、「どんなことがあっても、個人でなんとかすれば良い」と思えるように営業力をつけた自信があったからです。
 
その考えは、運営して1ヶ月もしないうちに崩れました。
 
――どんな崩壊?
人数が多くなるほど自分で手の届く範囲、なんとかできる範囲は、実は相対的に小さくなると痛感しました。
そこで「個人ではどうにもできない」と感じ、「じゃあ次に人を動かさなければいけない」と気づきました。
 
でも今まで人を動かすことを学んでいなかったため、どうやったら良いのかわからない。
経験則ではどうにもできないと思ったとき、完全に自分に自信がなくなりました。
ただこの与えられた環境の中で上手くいく方法だけを必死に考えました。
 
――大事なことは何か?
「どんなチームにしたいのか」。上司にこの状況を相談したときこのように返されました。
これを説明できれば、上手くいくと気づけた瞬間でもありました。
 
――どんなチームにしたいか?
ちなみにミッションを達成できるチームを作ることは、わたしの目標ではありません。
 
MJEのマネージャーって、自分の描いたチームを作りあげそれを運営することができます。
 
具体的にわたしがどんなチームを運営したいのか。
それは一緒に働いているメンバーが「仕事って楽しい」、「この環境が楽しい」と思える組織を作りたいと思っています。
だから、そう言う環境を提供するのことが大事であったり、わたしの根本にあります。
 
そしてMJEのマネージャーは、これをもとに優先事項を決めたり、運営をすることができます。
 
なぜこう言うチームにしたいのかは、わたし自身が仕事を楽しみたいからです。
そのためには周りの環境が楽しいことは必須条件です。
 

 
※東京エリアのメンバーです。このうち6人のメンバーで、一つのチームを運営しております。
 
 
余談ですが、どんなチームにしたいのかとミッションは異なると思います。
正確に言うと「どんなチームにしたいか」のプロセスの中に、ミッション達成は含まれています。
これは誰が決めているのかの違いです。
 
ミッションは、会社や上司が決めて各マネージャーに与えてくれるものです。
「あなたにはこの任務を任せることができるから」と。
与えられた環境だからこそ、それに応えることは当たり前として捉えています。
すなわち、「ミッション=与えらえれた任務や環境」です。
 
では、「どんなチームにしたいか」。これは自分で決めるものです。
自分で決めた分、実現できたときにやりがいや成長を実感できます。
 

 
――MJEのマネージャーでどんな力(スキル)を身につけられるの?
成長を具体的なスキルで示すことは、難しいと思います。
そこでわたしが感じている実際に学べるスキルをあげてみます。
 

①営業力:売る力=プレゼン力=提案力 =課題解決力
②マネジメント力:管理力、運営、育てる力
③マーケティング力:市場 (売り手と買い手がいる場)を探せる力

 
わたしの周りのマネージャーを見ていて、スキルの高い低いの物差しは別として、こう言う考え方や力をつけているメンバーが多いです。
 
それぞれの力を均等に学ぶこともできるし、得意分野をつくること、学びたいことに特化することもありでしょう。
要は自分の作りたいチームを運営するのに、個人のスキルアップは自分次第です。
そして組織を運営するにあたって、最も大事なことは「これらをメンバーに伝えられるかどうか」です。
 
 
 
ここまで読んでいただきありがとうございございました。
 
現在わたくし絶賛成長中でございます。
 
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
 
 






マネージャー

ボードステーション事業部

看板型自販機「bord station」を、店舗ブランディングを目的に提供する事業部。