ブログ
 

【就活生必見】本当の企業研究&自己分析の方法

2017年5月


このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
 

企業研究&自己分析の方法ってなに?

 

【就活生必見】本当の企業研究&自己分析の方法とは!?
 
おはよう勇者。就活生さん、こんにちは。
株式会社MJEの松下と申します。
 
タイトルに惹かれてこのページを開いた方は、就活でおろおろしている最中だと思います。
それこそ「企業研究」「自己分析」って名前は聞くけど、誰もやり方を教えてくれない。
そんな悩みを抱えている人は、とても多いと思います。
 
「行きたい企業ってどうやって選ぶの?」「やりたい仕事ってなに?」とか、「どうやって考えればいいの?」って気分でしょう。
 
手探りでやってみた結果、気づけば「行きたい企業を見つけるため」ではなく「企業から内定を得るため」の企業研究や自己分析になっていませんか?
 
さて、そこで50社の会社説明会をこなした私が、その方法を伝授します。
 
私がハローワークのおばさんに相談しても教えてくれなかったコツを、全国の悩める就活生に教えます。
名付けて、「君と対話するRPG」!!

 

まず、みなさんが就活において本物の勇者になるべく必要なステップは、下の4つ。

① 本当にやりたいことは何?
② 本当に行きたい企業は何?
③ 説明会に行って掘り下げろ!
④ あなたの長所は何?

 

この4ステップをしっかりこなせば大丈夫です!
 

① 本当にやりたいことは何?

 
社会人になったあなたは、どんな生活を送っているかイメージできますか?
 
さて、自己分析で「どんな仕事に就きたい?」と聞かれ、下みたいな回答を言う学生さんを多く見ます。

「ものを作って、人を喜ばせる仕事に就きたい」
「広告が好きだし人を驚かせる仕事をしたいから、目指すは広告業界かな」

 
それもいいです。確固たる意志があるなら!
 
しかし、その為にあなたが毎日やっている仕事は、業務は、どんなものなのでしょうか?
ぼんやりとした理想の姿に気を取られて、社会人になった日々のビションを失っていませんか?
 
実はこれが落とし穴!
業界や自分の理想像に気を取られて、「業種」研究を疎かにしている人は多いのです。
 
【就活生必見】本当の企業研究&自己分析の方法とは!?
 
ひとつ、みなさんにご質問。
よく聞く「営業」という職業って、どんなことをするのか知っていますか?
 
「ノルマ」とか「土下座」のイメージが先行するけど…。
じゃあ彼らは何を目的に日々どんなことをしているのか、説明できますか?
お客さんと商談っていうワードを見て、何を目的にどんな話をするのかイメージつきますか?
 
分からなかった、という貴方。
つまりそこが落とし穴なのです!
 
もしあなたが営業マンになるなら、彼らの目的や日々の動きこそが未来のあなたの姿なのですから。
 

じゃあ、「営業マンの仕事を知っているよ」というあなたに質問。
 
「テレアポ営業」と「ルート営業」と「飛び込み営業」の違いは分かりますか?
そう、営業という業種にも種類があるのです。
 

・テレアポ営業とは、ズラズラっと並んだお客さんのリストに電話をかけて、「こんな商品に興味はありませんか?」と質問し、興味をもったお客さんに商品を売るお仕事。 
・ルート営業とは、知り合いのお店を訪問して、足りない商品がないかを確認するタイプ。 
・飛び込み営業とは、見知らぬお店や会社に飛び込み(物理)して提案する営業。

 
雑に説明しているのでニュアンスの違いはあると思いますが、ざっくり言うとこんな感じ。
 
同じ「営業職」でも、どれになるかで社会人生活はガラッと変わります。

この部分を調べていないと、社会人としての自分の姿がフワッとしたままになってしまうのです。
 
なので、まずは「社会人がどんなことをしているのか」に視点を当てて、知識を身に着けてみてくださいね。

 

② 本当に行きたい企業は何?

 
【就活生必見】本当の企業研究&自己分析の方法とは!?
 
さぁ、知識をつけた勇者さんいらっしゃい!
お次は行きたい会社を探してみましょう。
あなたのターゲットです!
 
とりあえず、新卒情報を掲載しているサイトを開いてみてください。
資本金とか従業員数とか、業種や勤務地が書いてあると思います。
 
まず、ここで意味が分からない単語が出てきたら、すべて調べてください。
面倒だと思いますが、人生を決める大事な就活ですので、ここでサボっては仕方がない。
 
「資本金」とか「社会保険完備」とか、どういう意味なのか調べましょう。
 
こうすることで、あなたの知識が磨かれていきます。
調べていると「週休二日」と「完全週休二日」は違う!なんて事実を知る人もいるかもしれません。
 

*週休二日は、土曜日出社を行うケースがある会社。
 完全週休二日は、土日がお休みであることが保証されている会社です。

 
こういう「知らなかった!」という落とし穴を回避するために、就職サイトに出ている単語はしっかりチェックしましょう。
この作業を重ねることで、同じ業界の会社でも違うということが分かってきます。
 
あなたが本当に望んでいる会社の形がジワジワと見えてくるはずです。
 

③ 説明会に行って掘り下げろ!

 
「気になる企業は見つかったけど、ホームページの内容がスカスカで調べるのに限界があるよ!」
「この会社、業種に総合職としか書いてない。自分の仕事がイメージできないんだけど」
 
会社情報を調べた結果、そんな疑問がふつふつ芽生えたみなさん!
そこで使うのが「会社説明会」です!
 
そう、「調べてみたけど分からないこと」を知るために、会社を訪問するのです!!
 
【就活生必見】本当の企業研究&自己分析の方法とは!?
 
ステップ①で行っていた「仕事内容」や「業種」が分からない人は、会社説明会で質問して学ぶのも方法のひとつです。
 
あと、「1日の仕事の流れを教えて」という質問で、お仕事の流れを掴もうとしてみたものの……、
「いろいろですね」「時期によって忙しさの度合いも変わるので」と言われてしまい、どうも返答がシックリこない。
(わりと、よく聞くお悩みな気がする)
 
上の質問をする人が聞きたいことは、「どんなお仕事をするの?」というパターンが多い気がします。
そんな方は、ちょっと質問に工夫が必要なのです!
 
「〇〇の業務のミッションは何で、各個人が行う達成までの業務フローを教えてください」と言ってみてください。
 
すると、

営業のミッションは、お客さんにウントカって商材を売ってお金を稼ぐこと。
    ▼
そのために電話でアポをとって、現地に提案に行って提案します。
    ▼
お客さんが買うって言ってくれたら、契約書にサインを貰って成約。会社にお金が入ってきます。

 
こんな風に、詳しい業務を答えてくれるようになるからです……多分。
そうすれば、お仕事のイメージがつきやすくなる、多分。

 

④ あなたの長所は何?

 
【就活生必見】本当の企業研究&自己分析の方法とは!?
 
ステップ①~③は、いわば知識を磨くHow toです。
そこまでが、いわば「企業研究」。
あなたが会社で何を行い、どんな作業を行っていくかのイメージを固める材料集めの部分です。
 
それを集めた情報でイメージ固めて、「自己分析」を行ってみましょう!
 
③までの作業をしっかり行っていると、
「この企業では、自分はこういうことをさせられる」というイメージが見えてくると思います。
その上で、「自分は何ができるのか」を分析して「アピール」する。
これが自己分析による自己アピールであり、面接で発揮すべき、あなたの真価です。
 

さっき書いた営業ネタであれば、こんな感じ。
 

「僕の長所は鋼のメンタル力です。僕は飲食店で働き、それは大量のクレーマーを表情筋を動かす事なく裁いてきた経験があります。御社で行うテレアポ営業は、きっとお客さんに断られることも多い仕事内容だと思います。ですが、これまで培ったクレーム裁きの経験をもってすれば、常人よりはメンタルダメージも少なく業務を行える。僕はそういう人間だと自負しています」

 
生徒会長とか、サークルで全国大会みたいな派手さはありません。
しかし、「こいつは仕事内容を分かって上で自分の強みを述べているな」という雰囲気は伝わります。
「御社の仕事内容は分かんないけど、凄い過去があるから俺は大丈夫っす」というタイプより、こっちの方がよくないですか?
 
そういうことです。
大切なのは、「自分の強み」と「企業」の擦り合わせ。
 
なので、もしすべての会社で同じ内容を自己アピールしていた場合は、それができていないということ。
ゆっくり、しっかり頭を整頓して、自分と対話してくださいね。
 

これで就職活動もひと安心

 
以上のことを抑えれば、まずまずの就職活動を送ることができます。
 
とにかく大事なことは情報収集。
これからの一生を決める大事な就活だからこそ、手を抜いたりせずシッカリ行いましょう。
 

【就活生必見】本当の企業研究&自己分析の方法とは!?
 
株式会社MJEは「日本一の人事部」を目指しています。
 
今回はあくまで一人の社員が書いたブログではありますが……。
採用に注力してきた我が社には、もっとシャープな人事さんが揃っております!
 
このブログを見て興味をもったなら、ぜひ説明会にもご参加いただけると幸甚の至りです。
ではでは~!

 
 
 

\ みんな集まっちゃえ! /

成長のためのスペース『MJE WORK』

 

mjework
 
 






管理本部

管理本部管理本部

総務人事、情報システムなどを担当する事業部。

管理本部