ブログ
 

2018卒 就活生必見!企業のココを見ろ!

2017年3月


このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 

どうも。この春までに、煮卵を作れるようになることをコミットしたことで有名な、経営企画室のダーミツと申します。

春がそこまで来ていますね。

 

さて、2018卒 就活シーズンもスタートするこの季節。

採用サイトを制作したり、説明会を行ったりと、良い仲間と出会うために、各企業が頑張られていることと思います。そして学生さんたちは、自分たちの未来へ向かって希望と不安が入り混じりながらも、懸命に就職先を探しているのだろうと思います。

 

そこで、就活生の皆さんに何かアドバイスできることはないかと考えました。

 
 
 

企業サイトやパンフはココを見ろ!

 
blog_1

 

最近の採用サイトやパンフを見ていると、

 

●キャッチコピーがシンプルで力強い
 
●働く社員さんにスポットが当たっている
 
●ビジョンや理念などを明文化し、強調している

 

といった特徴をもったものが多いですね。サイトでは、動きのあるデザインがここ数年また増えてきているな~といった印象です。

 

上記のことをふまえて感じることは、『私たちはこういった企業です!』と名乗る企業が増えてきたなと言うことです。

 

今の時代、背景として、ネットが普及して誰でもカンタンに情報を得られるようになりましたし、SNS・スマホが出てきてからは、さらにカンタンに誰でも繋がれる時代となりました。つまりは、生活者1人ひとりのパワーがとてつもなく大きくなってきたということです。
 

※生活者=企業に関わるすべての人のこと。(お客様・学生さん・社員など)

 

生活者のパワーはとても大きいので、すぐに判断され、選べてしまう。企業からすれば、生活者との接点がとても重要となっています。そこで企業は、『独自の文化』を創り明文化し、生活者に対して、『私たちはこういった企業です!』と名乗るようになりました。これって、とても重要なことだと思います。

 

 

各企業の『覚悟と強いコミットメント』を見ろ

 
blog_2

 

『私たちはこういった企業です!』と名乗ると言うことは、当然、『こういった企業』でなければなりません。

ゴハンを食べに行って、「うわ~、これ美味しそう!」と思って注文してみたら、写真と全然ちがった…なんて経験ありませんか?

それと同じことで、名乗るからには企業には覚悟と強いコミットメントが存在するということです。

就活されている学生さんにはぜひ、各企業の『覚悟と強いコミットメント』の部分をしっかりと見ていただきたいです。

 

弊社で言えば、企業のコアパーパス(存在意義・ビジョン)として、『Makes Japan Energetic (サービスやコミュニケーションを通じて世の中を元気にする)』といったものが明文化されており、そのビジョン達成にむけての行動の軸となる『10個のコアバリュー(共通の価値観)』があります。

 

 
 

事業やサービスも、もちろんそのビジョンに向かっているものであり、社員全員が壁にぶち当たりながらも歩みを止めることなく取り組んでいます。もちろん、ビジョン達成を目指しているわけですから、完成されているわけではありません。でも、目指すべきビジョンがあり、そのための行動を生む価値観があり、迷わずに自主的に働くことができる。だからこそ、ハイパフォーマンスで生産性の高い仕事ができるんだと思います。

 

そのような企業かどうかは、各企業のサイトやパンフなどで『存在意義やビジョン、価値観がしっかりと明文化されているかどうか』を見ると良いと思います。

 

どのようなビジョンを持って、どのような価値観で働いているのかを明文化する企業が増えてきたことで、学生さんからすれば、自身のやりたいことや自身の価値観などと照らし合わせながら、企業を見ることができるようになり、企業からすれば、ビジョンや価値観に共感を持った学生さんに出会えるようになるので、『私たちはこういった企業です!』と名乗る企業が増えたことはとても良いことだと思います。

 

とにもかくにも、学生さんたちには、就活を思いきり楽しみながら頑張ってもらいたいと思いますし、未来へ向かって突き進んでもらいたいと思います。

 

頑張れ!就活生たち!!!

 
 
 

株式会社グッドライフOS 採用情報はこちらからどうぞ。

※2017年4月より株式会社MJEへ社名変更いたします。

top_saiyou

 






管理本部

光田 直之2011年入社|経営企画室

BordStationのデザイナーとして入社後、社内外の様々なクリエーティブ制作に携わり、現在は経営企画室で企業文化面の責任者としてワタワタしている。

光田 直之