ブログ
 

GRIT やり抜く力 ~誰でもどんな分野でも一流になれる最強・最速のメソッド!~

2016年12月


このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
 

こんにちは!

根岸です。

 

会社のブログをなにげなく読んでいると、

「ブログの更新をしましょう!」というタイトルで、管理本部の若大将「スキャンするのが趣味!?」の武駿が更新しているではないですか。

 

このブログに触発されたわけではないですが、更新です(笑)

 

さて、今日は、「GRIT(やり抜く力)」です。

 

遊びでも仕事でも、最終的に結果を残す人は、GRITが強烈にある気がします。

 

才能やセンスといったものがあっても、このやり抜く力がないと何事もなしえません。

 

では、GRITがある人とはどのような人か?

 

20161202_210122
 

本書で「情熱」と「粘り強さ」を持つ人が結果を出す。

と主張しています。

 

情熱だけで、粘り強さがないと最終的な成果に結びつかない。

情熱がないと、粘り強さだけでは継続することができない。

 

プライドを持つ。

プライドを捨てる。

両方できなきゃダメなんだ!

ばい 織田裕二 (古い!?)

 

「情熱」と「粘り強さ」両方を併せ持つことが、成果を出す秘訣というのは、すごく納得感あります。

 

例えば、営業職なら今月の目標を絶対達成する。という「情熱」を抱き、無理そうだといった局面でも

決してあきらめない「粘り強さ」のある人は、やはり成果に結びついていると思います。

 

成果を上げている人は、才能やセンスであげているわけではなく

「そこまでやるか」「まだ諦めないのか」そんなギリギリの境界線で踏ん張れる人なんだと。。

 

そして、その最終の踏ん張りを経験していくと、いつしかそれが習慣となり、当たり前になり、当たり前基準があがる。

 

以前は意識して「頑張ろう!」と思ってやっていたことが、自然とできているようになり、更なる高みを目指す。

そんな好循環が生まれてくるのかな。。そんな風に思います。

 

できなかったことが、できるようになる。

これは、年齢関係なく嬉しいものだと思います。

 

20160930_014401

 

写真のラジコンヘリ…

最近買ったものの中で、コストパフォーマンスが非常に高かったです。(ラジコンなんて何10年ぶり!?)

 

最初は、墜落の連発でしたが、1時間充電して飛べる飛行時間が数分くらいなのですが、MAX飛行時間を墜落なく飛べるようになりました。

 

これも「必ず飛ばす」という情熱と「飛ばすまで諦めない」という「粘り強さ」を発揮した成果でしょうか。

 

なにやら無理やりこじつけた感ありますが、「やり抜く力」を実感した今日この頃です。

 

また、次回です。

 
 
 

\ 株式会社グッドライフOS /

グッドライフOSで働く皆の生の声を公開中!

ブログに力入れる
 
 






役員

根岸 由次取締役 管理本部長 兼 人事総務本部長

会社のディフェンス面となる管理本部で、誰からも頼られる存在。
優しくも、的確なアドバイスで会社を支えている。