ブログ
 

GLOSのブログを振り返ってみた。

2016年8月


このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
 

どうも。

お盆休みに帰省する新幹線の中で、感じたことを今回はブログにしました。

 

あ、竹村です。

 

 

新幹線の中では、

やはり帰省ラッシュで東京〜大阪間、

ずっと立ちっぱなしの人が多かったです。

 
 

PAK86_ryokouhe15093120_TP_V

 
 

なんとか席が取れた帰路の間に、

本を読もうかと思ったのですが、

キャリーバッグに入れてしまっていた。しまった。。。

 

 

 

と思ったら「ブログ書かんとあかんな」と。

ネタを絞り出そうとしたのですが、出ず。

 

 

何気なく今までのブログを見返していた時に、

ふと気づいたことをここで。

 

 

 

物事っていつ、どのタイミングで遭遇するかで、

その事柄に対しての捉え方や頭に入ってきかたが全然違いますね。

 

 

GLOSのブログを振り返って、特に印象に残ったのは、

やはり役員の方々のブログ。

 

 

そもそも役員以上の方がブログ書いてる会社って、多いんですかね?

アメブロを更新している社長は多いですが、

自社のブログに更新されているのは珍しいのでは。。。

 

 

あ、少し脱線です。すいません。

 

 

2015年に更新されているブログで気になる記事に目を通して行ったんですが、

当時の自分では何とも思っていなかったけれども、

マネージャーという役職を約1年経験した上で改めて役員層の発信することに対して理解度がかなり深くなりました。

 

その中でも特に1つ。

根岸取締役の「マネージャーの仕事はたった1つ」という記事。

 
negishisan_blog
 

記事タイトル通りの本を読まれて、

アウトプットされている記事なのですが、

当時はおそらく「ふ〜ん」レベルだったのではないかと思います。

 

いかに部下を動機づけ、組織・チームの目標・ミッションを達成させるか

このことに尽きると思います。

 

と書かれていました。

まさにそうだと思います。

 

GLOSの社員は、他の会社の同年代と比べても、

モチベーションは高く、またそういった人が多い方だと(勝手に)思ってます。

なので自身で動機を持って日々懸命に頑張っている人が多いのですが、

人によっては起伏が激しい人もいます。

 

うまくいっている時は「いけいけどんどん!」状態

うまくいっていない時は「どんよりため息。。。」状態

 

この後者の状態の時に、いかに動機付けができるのか。

まさに!だと思います。

 

動機は人それぞれで、正解は決まっていない。

でもおそらくその人にとってのTPOでの正解があるはず。

そこをどれだけ自分ごととして本人に向き合えるか。

これができることで結果が出てくる。

そして部署や事業部の達成が付いてくる。

 

 

っていうような経験を、

こんな若輩者がさせてもらえてるんやなー。

という思いに着地しました。

 

 

正直現状「うまくいっている」わけではないので、

この「タイミング」で、この記事を読めたことは、

自分の中で「巡り合わせのようなものなんじゃね?」と

思った次第です。

 

 

ではまたお会いする日まで。

 
 
 

\ Bord Station /

あなたのお店はどんなデザインにする?

bsfbバナー
 
 






マネージャー

s.takemura