ブログ
 

「目標は高く大きく持ちたいよね」という話

2016年7月


このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 

みなさま、初めましてこんにちは。

今年の4月に入社しました新卒の山下です。
 

現在、私がどのような仕事をしているのかといいますと、細かすぎて全ては言い切れないのですが、格好良く言うと企画を担当しております。

 
 
ちなみに、後輩の教育について論じられているこちらのブログ

先輩になる人、必見?「後輩を『育てる?』話」

 
 

こちらのブログを書かれたのは3期生の松下先輩ですが、その松下先輩の後輩にあたるのが私です。はい。
 
松下先輩のもとで、少しでも早く一人前の社会人になれるよう日々楽しく精進しております。
 
 
IMG_4366
 
↑写真は松下先輩をはじめ、同じ部署の方々とランチに行ったときのものです。

 
 

入社4ヶ月目の疑問
 
私は今、入社してまる3ヶ月が経ちました。

今、社会人4ヶ月目です。

 

ところで、社会人って何なんでしょう?

 

昨年の就職活動中に、耳にタコができるほど聞いた言葉でもあります。

 

社会人……しゃかいじん…………シャカイズィン……

 

大学を卒業したらシャカイズィン?

学生以外は全員社会人ってことなんでしょうか?

 

会社に入社したらシャカイズィン?

会社員イコール社会人ということなんでしょうか?

 

学生時代は宇宙人のように未知の存在だったシャカイズィン……

一体何者なのでしょう?
 
 
IMG_4375
 
 
なぜこんなことを考えているのかといいますと、

学生から社会人となった今、

今後の自分の目標について考える機会が増えまして、

 

「今の目標か〜なんだろうな〜?

やっぱり学生のときよりも将来のことをきちんと見据えたような社会人に相応しい目標じゃないとな〜

社会人は大変だな〜

社会人って何をすればいいんだろう〜?

ん?そもそも社会人って何だ?」

 

と思い至ったわけです。

 

ウィキペディアさんによると、

社会人(しゃかいじん)は、社会に参加し、その中で自身の役割を担い生きる人のことである。一般的には学生は除外される。 日本語以外の諸外国語では日本で言うところの“社会人”をさす言葉はほとんど見られない。たとえば英語では労働者(worker)や成人(adult)、市民(citizen)という単語はあるが、日本語の”社会人”にあたる単語・表現はない。

らしいです。

 
ほうほう。
 

“社会に参加し、その中で自身の役割を担い生きる人”

のことかー。(なるほどわからん)
 
働くことを意識すると、関連して現れてくる「社会人」という言葉。

本当に何なんでしょう?

きちんと定義してほしいものです。

ここまで引っ張っておきながら、実はその正しい答えなんて私は持っていません。

すみません。

 

私の中でひとまず出した結論といたしましては、

社会に参加し、自分自身の役割をわかっているということは、

社会人になることは、世の中に対して自分自身の存在意義を見つけることなのではないかと思うのです。

 

そう、存在意義。

企業でいうと事業ビジョンのことです。

 

ちなみにグッドライフOSの企業ビジョンは
 

「企業を応援して日本を元気にする!
Makes Japan Energetic!!!」

です。
 
うーん、デカい!

やっぱり目標は高く大きくないといけませんねっ!

このような大きいビジョンを掲げた会社の中で自分に何ができるのか、まだまだ未知数であります。

とりあえず頑張るしかねえ!っというところです!!

 

私の目標はまだ定まっていませんが、

こんなふうに、(会社でも自分自身でもいいので)今後の目標や、社会人になること(であること)とは何なのか考えることが、

今の自分自身を見つめ、これからの生き方を考えるきっかけになるような大切なことだと思いまして、

みなさまにも疑問として投げかけてみました。

 

これを読んで、私と一緒に悩んでくれる人がいれば嬉しいなぁと思います。

それでは、また。
 
 
グッドライフOSで働く皆の生の声を公開中!

ブログ2
 
 






新卒

h.yamashita

h.yamashita