ブログ
 

34歳、Twitterデビュー。

2016年4月


このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 

こんにちは!

健康な生活を目指していながら、ここのところ毎晩なか卯の丼をローテーションしているかわかみです。

 

みなさんは『Twitter』は使われてますか?

 

恥ずかしながら私は2015年に始めたばかりでして。

手探りの状態で、新卒のゆーみんに操作方法を教えてもらい、なんとか使えるレベルになりました!

 

Twitterを始めたのは業務上の理由ですが、12月初旬から始め4ヶ月ほど経った今、フォロワー数2000人が見えてきました!

日々Twitterアナリティクスとにらめっこしつつ、どんなツイートの反応がいいのかをさぐりさぐり運営しています。

 

twitter

 

ここでTwitterを運用してみての個人的な感想を3つほど!

 
 

①思ったより個人が特定できる

 
匿名性がウリのSNSだという印象もあり「誰が誰かわかんないんだろうな~」と思っていましたが、けっこうわかりやすいですね。

特に運営しているアカウントは10代のフォロワーさんが中心だからなのか、良くも悪くもネットリテラシーが低いなと。

特に多いのが匿名とはいえ所属を主張する傾向が高いと感じました。

別に個人が特定できたからどうだという主張は特に持ち合わせておりませんが、なんとなく危険な面もあるかもなと感じます。

 
 

②思ったよりコミュニケーションツール

 
使う前まではTwitterと言えば高い匿名性による「炎上」「負のツール」というイメージを勝手に持っていました。

メディアで報道されるようなマイナスイメージしか知らなかった、私の無知ゆえです。

ただただ友達とやり取りしているだけのツイートもあれば、有益だと思う情報をリツイートしていたり。

私が思っているよりもっと柔軟に使われているものなんだなというのが正直なところです。

 
 

③近いようで遠い、遠いようで近い

 
ツイートに対してリツイートだったりフェイバリットだったりのアクションがあるわけですが、それをしたからと言ってフォローするわけではない。

その辺は結構ドライな感じだなぁとさみしさを感じます。

その反面ダイレクトメールに対してパッと反応があったりすると、ちゃんと届いてるんだなと急に縮まったり。

なんとももどかしい距離感。

 

こんなところが今のところの感想です。

タイムラインを見ているだけでも10代に流行っているモノやヒトが見えたりと得るものはたくさんです。

半分ネットストーカー保護者のようにフォロワーさんのツイートを見ながら「こんなことがあったのね」「あんなことがあったのね」となんか近しくなった気がしながら勝手に見守っているのは内緒の話です。

 

1万人以上のフォロワーさんのいるアカウントを目指しているのでまだまだ道半ば。

引き続き楽しみながら、有益な情報を届けることを目的に運営していきます!

 

ではまた!






クリエーター

クリエーション事業部

クリエーション事業部