ブログ
 

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)にOSをインストールする方法

2015年12月


このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 

こんにちは、開発担当のトゥアンです。
今回、ラズベリーパイを購入したのでOSから紹介したいと思います。

ラズベリーパイの概要

 
ラズベリーパイ とはRaspberry pi foundationというイギリスの教育機関がコンピュータ知識の普及を目的として開発・販売をしているマイクロコンピュータです。大きさは名刺ほどのサイズで非常に小さいですが、最新のラズベリーパイ 2では4つのUSBポート、HDMIアウトレット、LANポート、カメラモジュールのアタッチメントなどが標準で装備されており、、できることは基本的にパソコンやサーバと変わりません。

pi_0
 

OSをインストールする準備

 
1. ラズベリーパイ2 モデルB
2. microSDカード (8GB, Class10がおすすめ)
3. ACアダプタ (5V, 2A出力)
4. マウスとキーボード
5. HDMI対応のディスプレイ
6. wifiアダプタ

pi_1
 

OSをインストールする手順

 
1. OSをダウンロードしてファイルを解凍して mcroSDに入れます。
ラズベリーパイ公式サイトにアクセスして、ビギンナー用のバージョンをダウンロードします。
ラズベリーパイ公式サイト

ラズベリーパイ

2. 周辺機を接続して、OSをインストールする
データを入れたmicroSDカードを入れて、ACアダプタ、マウス、キーボードとディスプレイを接続して、最後に電源を入れてください。

pi_3

電源をオンするとインストール画面が出ます。

pi_4

OS(Raspbian)と言語(日本語)とキーボード(JP)を選択してインストールアイコンをクリックしたら自動的にOSをインストールされます。
メモリの速度によってインストール時間が異なる、今回、10 class microSDカードを使って約20分ぐらいです。

pi_5

インストール完了したら下記の画面が出て、OKを押したら再起動されます。

pi_6

Piの起動画面
pi_7

raspbian GUI

pi_8

これでラズベリーパイにOSをインストール完了しました、簡単ですが最初ラズベリーパイを購入する時どうやってインストールのかちょっと困ります。
次記事はSSHに経由してラズベリーパイにアクセスして、Nodejsをインストールして、簡単なウェブアプリを紹介します。

また次。
 
 

 

>東京グッドライフ劇場へようこそ!<

tokyo_gekijyo

 






クリエーター

クリエーション事業部