ブログ
 

企画・アイディアを実行するまでの4つのステップ

2015年12月


このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 

こんにちは、クリエーティブ室の松下です。

本日はクリエーティブらしく、「企画・発想」について語りたいと思います。
アイディア系のビジネス本を読んでいるとしばしば見かけるのが、
「トイレでアイディアが浮かんだ」「リラックスしてたら新たな考えが」といった、
こんなことをしたら良いアイディアが浮かびましたよ、という文章です。

あれを見て思うのは、
「アイディアが浮かぶ環境や条件は分かった。しかし、そのアイディア自体はどこからくるか、どう研磨するかといった部分が書かれていないのでは?」ということ。

「アレ、これ環境を整えてもアイディアが浮かばない人は終わりじゃない……?」
なんて思った人もいるのではないでしょうか。

そんなアナタに、今回はGLOSハロウィンパーティーの仮装コンテスト1位を取った私が、
どんな経緯・どんな発想・どんな道順で1位のコスプレを考えたのかをアウトプットしたいと思います。
 
 

企画の道筋1、コンセプトを決めます

今回の仮装の目的を決めます。
一番重要な部分でもありますね。

仮装にも目的は様々で、自分が楽しむもよし、他人を楽しませるもよしです!!
考えようと思えば何とだって考えられます。

しかしまあ、せっかくGLOSで行う仮装です。
会社のイメージにも関わる……かもしれないですし、自分がやって楽しい仮装は、お家で一人でも出来るので「自分が楽しむ仮装」は今回はお流れ。
「見ていて楽しい」を仮装のコンセプトとしましょう。
 
 

企画の道筋2、条件を絞ろう

目的は決まりました。さて、次は仮装の条件を決めましょう。
せっかくなので色々な要素をぶっこみたい! とは言え目的は、増やせば増やす程に考えの幅は狭くなります。

孫子も「戦うべきと戦うべからざるとを知る者は勝つ。」とか、「衆寡の用を識る者は勝つ。」とか言っているそうですし、身の丈に合った条件しぼりは大事です。

条件をしぼることの重要性について、ちょっと例をあげてみましょう。

【お題】お昼休みにランチを食べる

【条件】
1.会社近くの食事処で食べたい

これなら、近くの和食屋さんや、ビルの社員食堂もアリですね。
では、こちらの条件ではどうでしょう。

【条件】
1.会社近くの食事処で食べたい
2.ワンコイン以内で食べられる
3.ボリューミーで品目が多い
4.しかも美味しい

一気に条件が難しくなりました、ひええ。
正直、そんなお店を探してくれと言われたら現状の私はお手上げです。
見つかるかもしれませんが、間違えるとお店が見つからずにグダグダだらだらして時間を過ごしてしまう……、
当たり前ですが、優先順位と妥協を間違えると、中途半端に頓挫してしまいます。

そして決めたコスプレの条件がこちら!

・予算は5000円以下
・人を楽しませる以上、一目で見て分かる単純なもの
・人を楽しませる以上、「自分がやりたい」ではなく「自分ならこんな物が見たい」を基準に考える

何で3点に絞るかといえば、ちょうど良い数字だからです。
田中な角栄の人も、「大事なことは3点でまとめろ」と言っていたという話もありますし、お寿司。

条件が決まったので、ここから仮装のメインとなる大枠を決めます。
一言でいえば、「何の仮装するの?」ということ。

はてさて、何をしようかなーとブラブラしているとき、「海外で野菜のコスプレが流行っているらしい」と聞きました。
ほうほう、と思いスマホで調べてみるとこんな物が……。

dai-n
お値段4000円以下!
そして、「なすび」の万人に認知されている圧倒的なネームバリュー!!
なすび、君に決めた!!
 
 

企画の道筋3、ストーリーを考えよう

ストーリーはエンターテイメントの基本です! ラーメンを例にあげてみましょう!!

・うまいラーメン
・大将が20年の研究の末に完成させた味噌ラーメン

みなさんはどっちのラーメンを食べたいと思いますか?
多くの場合、後者の味噌ラーメンの方がドラマ性があるため、人の心を掴みます。
もし、前者のラーメンの方が見た目がきれいでも、後者のラーメンの方が「大将の努力」、「完成までに費やされた年月」を思い起こさせ、期待感や応援したい気持ちを煽られるというものです。
某エステサロンの有名なコピー「ぜったいキレイになってやる」は最たるもので、その一文だけで裏にあるさまざまなドラマを思い起こさせ、見た人にインパクトを与えたナイスなコピーですね。

では、なすびにドラマ性を付随させてみましょう。

ちょっくらメモリーツリーみたいなものを使ってみましょう。ソオィッッ!!

1449142689578

途中で力尽きておりますが、まぁご愛敬。
ここから、ナスに合いそうなキャラクター設定をほじくり出します。
あんまり入れると情報過多になるので、キャラクターの構成要素は3つ位に留めておくとしましょう。

そして今回に絞ったキャラクター要素がこちらです。

・なすび
・段ボールで出荷をまつ
・戦国時代からタイムスリップしてきた

こんなんですね。設定はこうです。

私は戦国時代の畑に植えられたなすびだった。出荷を待つだけの人生であったが、黒田官兵衛の素晴らしさを広めるためにタイムスリップし現代に来た。平成の世でマーケティングを学んでから戦国時代に戻り、黒田官兵衛の不況に役立てる算段である。

こんなストーリーを持つキャラクターでいきましょう。
 
 

企画の筋道4、企画内容を振り返る

これまで出たアイディアをまとめ、イメージを固めます。
もちろん、条件に出した「人を楽しませる以上、一目で見て分かる単純なもの」でなければなりません。
どれほど凝った設定でも、説明しないと分からない時点で「伝わりにくい」ものですからね。
特に今回はハロウィン! 一発で分かる&仮装パーティーという事で、視覚に訴えるようにイメージを固めます。

・なすび→着る
・戦国時代から来た設定→見ただけで分かるように、紙に書いて背中に貼り付ける
・出荷を待つ設定→配送段ボール(¥0)に入る

ちゃんと「予算5000円」「見ただけで分かる」という条件を守りつつ作成。

そして、当日がこれで御座る。

1449142619338 1449231936321

*もちろん、この恰好で一日仕事を行いました。背中に設定を書いた紙を張ったままコンビニにも行きました。

本当は、言動も全て「戦国時代からタイムスリップしたなすび」にしようと思いましたが、サイトリニューアルのピークだったので、そこまでする精神的余裕がありませんでした。
「戦国時代からタイムスリップしたなすび」では業務に支障をきたす故。

いかがでしょう?

「企画やアイディアとか、そんな天啓がひらめくなんて私には無理! アイディアマンとは次元が違うの!」という人も、一度筋道と条件を組み立ててみればそれっぽい内容に仕上がるものです。

新人がなーに抜かしているんじゃらほい! という方も一度おためしあれ!

 
 
 
 
 

>毎週水曜!2016新卒内定者ブログ!<

b
 

>2017採用企画“GLOSカフェトーク”エントリー受付中!<

gloscafebanner
 






クリエーター

クリエーション事業部

クリエーション事業部