ブログ
 

IoTってなんでしょう?

2015年11月


このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 

こんにちは、開発担当のトゥアンです。

最近、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)という言葉をよく耳にしますね。

 
 

IoTってなに?

 

一体、IoTとはなんでしょう?

モノをインターネットに接続して、ユーザーは スマートフォン、タブレット、PC……などを使ってコントロールできるようにすることです。

 

インターネット初期からIoTが形成されて、いろんなモノが造られました。

一番、注目は1980年、カーネギーメロン大学(Carnegie Melon/アメリカ)が造った自動販売機がインターネットを接続できて、

自動販売機の調子を計測したり、ドリンクの状態を確認できるモノを生みだしたのですがIoTの概念がなかったです。

 

(参考サイト:History of the Internet of Things-postscapes

 

1999年に、イギリスの技術先駆者ケビン・アシュトン氏によって初めて提唱された「Internet of Things(モノのインターネット)」であり、

今までインターネットに接続される事のなかったモノがインターネットに接続されていく世界を表した言葉です。

IoTは近年のスマートフォン、無線デバイスの爆発的普及とビックデータ活用の波に乗って今、世界中で大きな注目を集めております。

世界、大手企業もIoTに対していろんなプロジェクトが発表されました。

開発者会議「Google I/O 2015」ででGoogleからIoTのOSを発表されたBrilloは、スマートホーム機器やモノのインターネット(IoT)向けのプラットフォームで、「Android」をベースとする。

 
 

Google-brillo-operating-system-for-internet-of-things

 
 

AppleからもHomeKitを発表されて、iOSデバイスを使って家にある様々な製品に接続できるようになりました。

そのため、それらの製品をプライベートな方法で安全にコントロールしながら、連係させることができます。

 

(詳しくはこちら iOS 9-HomeKit-Apple

 
 

apple-homekit-security-risk1

 
 

Microsoftもwindows 10 IoTをリリースして、Raspberry Pi 2 、Arduino開発キットを無料でインストールできるし、

インテルは積極研究して、IoTのCPUを開発しているらしいです。

 
 

 
 

将来的に爆発的IoTが普及してすべてのモノがインターネットに繋がって、スマホだけですべてコントロールできるようになります。

私もIoTに結構興味がありますので、Raspberry Pi 2を使ってIoTに挑戦してみます。

 
 
 
 

>毎週水曜!2016新卒内定者ブログ!<

b
 

>2017採用企画“GLOSカフェトーク”エントリー受付中!<

gloscafebanner
 
 






クリエーター

クリエーション事業部