ブログ
 

2015年10月


このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 

こんにちは、開発担当のトゥアンです。

 
 
FullSizeRender1
 
 

私は今まで、デザインすることがないですが仕事関係でちょっとAI、Photoshopを触りました、

ホームページのバナーとか切り出しぐらいです。

最近、アプリを開発して、自分でアプリのデザインもできたらいいかなと思って

UI,UXもちょっと勉強しましたがAI、Photoshopは機能が多くて、

重くてパソコンがなかなかうまく動かないですので別のソフトを探しまして結果はSketchに決まりました。

 

日本のデザイン界ではSketchはそれほど使われてないかもしれませんが、海外ではSketchが大人気です。

Sketchを使う理由を纏めます。

 
 
sketch
 
 

  1. 使いやすい
  2.  
    新しいソフトを使う時、慣れるまで結構時間が掛かりますがSketchは一日触ったら十分だと思います。

    画面は結構シンプルでMacユーザーはすぐ使えます。

     
     

  3. UI Design中心
  4.  
    Sketchは完全にWebとアプリUIデザインの専用ツールなので、それ以外の余計な機能が入っていませんのでデザインに集中できる。

     
     

  5. ファイル容量が小さい
  6.  
    Sketchの「.sketch」専用ファイルは、ベクターだからファイルサイズがすごく小さいです。

     
     

  7. 動作速い
  8.  
    起動が速く、操作も速い。私のMacはスペックが低いですがサクサク動きます。

    複雑レイヤー、複数アートボードも問題なく。

     
     

  9. 100% CSS対応
  10.  
    全てのスタイルはCSSで再現でき、デザインのスタイルをそのままCSSで書き出すこともできます。

    これはコーディングも楽になり、時間も短縮できます。

     
     

  11. 画像の切り出しが便利
  12.  
    複数のファイル形式と解像度を簡単に切り出せます。

    iOSアプリの画像を切り出す時、@x1,@x2,@x3のサイズは早速出せます。

 
 
 

UIデザイナーとWebデザイナーにホントにおススメです。

是非、一度体験して見てください。

 
 

 
 
 
 
 
 

>毎週水曜!2016新卒内定者ブログ!<

b
 

>毎週金曜!新採用企画“GLOSカフェトーク”エントリー受付中!<

gloscafebanner
 
 






クリエーター

クリエーション事業部