ブログ
 

松下流ポジティブシンキング法がスゴイ!

2015年9月


このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
matsushita_3

 
 

こんにちは、IP事業部の松下です。

 

社会人の忙しさを理由に、ニュースを見ないでいる昨今。

今週の目標は、「ニュースをしっかり見る時間を毎朝10分つくる」です。

 
 

さてさて、先日フォローアップ研修を受けました。

これは社会に出てやっとひと段落した新卒生に対して、壁に躓いていないか、今後はどうするべきか、

フォローを行ってくれるありがたーい研修です。

 
 

他にも、今後に必要な解釈力や目標達成について講義を行ってくれたり。

ちゃんと新卒にアフターフォローもしてくれるのがグッドライフの嬉しいところですね。

 
 

さてさて、そのフォローアップ研修でこんな問題が出ました。

 
 
 

解釈力トレーニング

 
 
 

あと少しで昇格という時に立ち上げのため、北海道へ転勤という辞令を出された。
 
北海道の事業所は上手くいっていない。
 
おまけに今の時期は昇格や新人賞もかかっているし、恋人もできたばかりなのに・・・・・。

 
 
 

これをポジティブに受け止めよう!という問題です。

模範解答は「それだけ会社に期待されていると思う」とか、その辺りでしょう。

しかし、それでも転勤は嫌という人も多いでしょう。

 

そこで、今回は東京採用(神奈川在住)から大阪に移動になった私が――

 

アドラーもビックリ!(かもしれない)

松下流、ポジティブになれる方法を紹介します。

 
 
 

①人から意見を聞く

 
 

と、いう事で人生の大先輩My fatherに話を聞いてみましょう。

 
 

父親「僕が同い年の時には、会社命令でアフリカに行かされたよ」

 

・・・・・あ、はい。

 

父親「国内なだけ、まだマシ」

 

・・・・・。

 
 

次は高校の友人にLINE連絡を取って意見を聞いてみましょう!

 
 

私「わたし大阪に行くことが決まったんだけど」

 

友人A子「私はカンボジアで働くことにしたよ」

 

友人B男「俺はプノンペンの大学院へ進む」

 

私「お、おう・・・・・」

 
 

大阪遠いとか言ってる場合ではありませんでしたね。

 
 

うーん、これは強制的にポジティブにならざるをえない。

上や下を見てみれば、意外と自分は恵まれているのかもいれない、と思えてきますね。

しかし、「他人より恵まれていようが関係ない!」という方もいるはず。

 

「世界には貧しい人がいるんだからと、偏食するな」と言われても、

私は嫌いなピーマンを食べたいとは思いません。

 
 

それでも転勤が嫌な方は第2ステップへ。

 
 
 

②メリットとデメリットをメモに纏める

 
 

マッキンゼー式ロジカルシンキングとかの本を見ると、メモの重要性を訴えている内容も多いですね。

私も紙に纏める重要性を冨田さんに教えていただきましたイエイ。

 

では、纏めてみましょう!

 
 

1441065206600

 
 

ふむふむ、転勤も意外とメリットが多そうです。

自分が転勤の何に不安を覚えているのか、モヤモヤを言葉にして吐き出すだけでスッキリする事もあります。

仕事目的の転勤ですが、仕事とは別の目的(観光・食事など)を作るのも気分が晴れるのでオススメ。

メモにして纏めてみると、デメリットも何とかなりそうという事が分かります。

こうやって、「どうして嫌なのか」考えて纏めて、解決策を探すのもアリです。

 
 

いやいやメモに纏めたけど、デメリットの方が多いし解決策も無い?

メリットとかどうでもいい転勤は嫌だ?

 

そんなあなたには最後の手段!

 
 
 

③選択肢を用意する

 
 

人生、困った時はライフカード。

転勤が嫌ならば、それに見合うだけの選択肢を用意し選びましょう!

 
 

・会社を辞める

(会社のブログにこんな事を書いていいのか絶妙に微妙ですが……)

 
 

1441065174047

 
 

大阪に行くか、会社をスパッと辞めるか!?

勿論、企業説明会を聞き、面接時やら、すれ違った社員さんの働く表情やら、電話対応の丁寧さやらに胸を打たれて決めた企業です。

 

辞めません。

はい、大阪決定。

 
 

自分で決めたからには、「でも」だの「だけど」だのピーピー言うのは無しです。

女に二言はありません、全力で大阪ライフを過ごしましょう。

いやいや行ったところで、中途半端な努力しか出来ないでしょうし、

どうせならスパッと決めて大阪の地に向き合いたいですね。

 
 

自分は、この選択肢を用意するのは壁にぶちあたった時に割とよくやっておりまして、

「じゃあ辞めるか」とか考えると「もう少しだけやってみるか」という気分になります。

 

いかがでしょう?

松下流ポジティブシンキング法をあなたもぜひお試しください。

 

ストレス社会と言われる昨今、あなたがポジティブになれるお手伝いが出来れば幸いです。

 
 

 

就活のお手伝いも出来れば幸いです。

>毎週開催!新採用企画スタート!“GLOSカフェトーク”開催!エントリー受付中!<

gloscafebanner
 






クリエーター

クリエーション事業部