MJE INC. RECRUITMENT

CORPORATE PROFILE PDF
島 拓真

2015年入社

Shima Takuma

島 拓真

奈良支店
オフィスソリューション事業
営業部/マネージャー

教員志望からMJEへ。
将来の夢は「指導者になって
新しい教育機関を作る」ということ

学生時代は指導者を目指していたそうですが、どうして就職を選ばれたんですか?

学生時代、自分は教師になるものだと思っていて、就職活動は教職取得のかたわらで一応やっているという感じでした。しかし、教育実習に行って以降、「社会を知らないままいきなり教師になってしまって、子供たちに十分に教えることができるのだろうか」という疑問が生まれてしまいました。もちろん、それでも素晴らしい教育を行える方も多いとは思うのですが、私の場合は「いつか自分がずっとやってきたサッカー指導をベースに、新しい教育機関を作ってやろう!」という考えに至り、「将来独立するためにはいろいろな経験が必要になる。だからまずは就職」という選択を最終的に行いました。

振り返ってみて、どんな就職活動でしたか?

最初の方は、“よくある就職活動”という。感じでしたよ。「とにかく動きまくろう!」と決めて、合同説明会にもよく行っていました。たくさんの会社に訪問しているうちに気づいたのは「社長が出てくる説明会が面白い!!」ということ。当たり前ですけれど、どこの会社にも“社長”がいますよね。その社長一人ひとりは、それまで何かしらを“失敗”や“挫折”を経験している……そこから立ち直ったストーリーを聞くのが純粋に楽しかったんです。それに気づいてからは就活ナビサイトで会社を探すのをやめて、“トップセミナー”、“社長 説明会”というキーワードで検索して会社を探すようになりました。そうすると自然とベンチャー企業に足を運ぶことが多くなる。経営がとにかく不安定とか、オフィスが4畳半くらいしかないとか、もちろん“当たり外れ”はありましたけど、それでもどの社長の話も面白かったですね。

島 拓真
“良い意味で子供っぽい”そんな言葉が似合う大人でありたい。

MJEに就職を決めたときのことを教えてください

MJEに出会ったきっかけも、説明会に社長が出てくるから、ということでした。実はMJEに内定をもらったとき、ほかにも1社行こうか迷っていた会社があったんですが、最終的にMJEに決めた理由は“どちらの会社で働いたほうが成長意欲がかき立てられそうか”ということでした。もう1社のほうもギラギラしていて、熱くて成長しているいい会社ではあったんですが、その企業の内定者で集まったときに、社員も内定者もみんなお金の話ばかりしていて、MJEで出会った内定者のほうが、将来どうなりたいとか、いつかこんなことがしたいとか、そういう話で盛り上がれという実感があった。今思えばそれが大きな決め手でしたね。

現在はどのような仕事をされているのですか?

今は奈良支店のマネージャーのひとりとして、3~4人のチームを率いて奈良の地域に密着した営業を行っています。奈良支店は、MJEの中でもっとも地域密着のビジネスモデルを実現できている、そして、MJEというビジョンの体現を追求している組織だと自負しています。2017年の4月からマネージャーになったのですが、それまでやっていた営業活動だけでなく、チームの進捗管理や、メンバーのモチベーションの管理なども重要な仕事です。

島 拓真

奈良支店を立ち上げたときの想いを教えてください。

もともと入社1年目からオフィスソリューション事業の営業として、大阪本社で働いていました。1年目の夏ごろはとにかく野心が突っ走ってうまくいかず、当時は「うまくいっている社員は全員敵!!」くらいに思っていましたね。そんなときに、「奈良の営業所を支店として立ち上げ、盛り上げるやつを探している」という話を聞きつけ、「これはチャンスだ!」と思ってすぐに手を挙げたんです。今思えば、「俺の力はこんなもんじゃない!!」という反骨心みたいなものとか、「ここで目立ちたい!注目されたい!」という欲求みたいなものも、動機の一つでした。そうして私を入れて4人のメンバーでスタートし、「奈良で大暴れしよう!」という気持ちに燃えていて、準備期間としていただいた3か月は毎晩ミーティング、ミーティング、ミーティング……でした。“どうやった奈良をもっと盛り上げられるか”、”どんなことをしたら奈良のお客様に愛してもらえるか”そういう議論をしている日々が、とても充実していました。

働いていてぶち当たった壁を教えてください

2年目の秋ごろ、同期や後輩が活躍の波に乗っているのに自分は今一つ、という時期があり、かなり焦っていました。次の春が来るまでにこの壁を突破できないようだったら、仕事を辞めて夢だったサッカーの指導者になろうと実は心に決めていました。あそこでいったん区切りを決めたのが良かった。そこから半年はとにかくがむしゃらに働きましたね。それでやっと壁を越えて、自分のチームを持てるようになりました。入社したときから自分でチームを率いたいと思っていたので、嬉しかったのと、「やっとここに立てたか!!」というほっとした気持ちでした。今は、“メンバーに仕事の中で成長を感じてもらうこと”、“仕事を楽しいと思ってもらえること”をマネージャーの新たな使命として自分に課しています。年上の部下ができたり、新しいメンバーがやってきたりと未体験のことだらけで、「マネジメントって、こんなに奥が深いのか!辞めないで良かった!」と思いますね。

今後の島さんの展望を教えてください

今でも、将来の夢は“指導者”であることに変わりはありません。いつごろになるかということは、今の仕事の中でどれだけ成長できるかにかかっていると思いますが、会社で働いているにしろ、指導者になるにしろ、“自分の限界を決めない”、“良い意味で子供っぽい”、“いつまでも成長を求める”そんな言葉が似合う大人でありたい。就活や営業で出会う魅力的な経営者に共通しているのは、そんな要素じゃないかなと思っています。

ENTRY
エントリーする