MJE INC. RECRUITMENT

CORPORATE PROFILE PDF
田中 友規

2017年入社

Tanaka Yuki

田中 友規

大阪本社
ヒューマンリソース事業
新卒採用担当

ポジティブ思考で
人を巻き込む、
起業家志望の1年目採用担当

将来は起業したいそうですが、最初のキャリアとしてMJEに就職した理由を教えてください

父親が自営業をやっていて、高校3年生の野球部引退後に仕事を手伝った際、社員から慕われている父親の姿を見て格好良いなと思い、「将来は自分も!」という夢を漠然と抱き始めました。その後、大学在学中に様々なアルバイトを経験する中で、「大学より外の世界はこんなにも広い、世の中にはこんなに多様な人がいる」ということを肌で感じ、起業を志すようになりました。まずは就職して経験を積もうと思い、最初のステージはどこにしようかと、とにかくたくさんの企業を、おそらく100社以上訪問しましたが、数ある企業の中で最も真摯にアドバイスをくれたのがMJEで会った社員の方々でした。いろんな方と会う中で感じる熱量に感銘を受け、「ここで成長している自分が想像できる!」と感じたことが、入社の決め手でした。

起業を目指す最初のキャリアが「人事」ということについて、どう思いましたか

「数字で見える目標を追いかけて達成する」ということをモチベーションにするタイプなので、まずは営業をやりたいなと思っていました。そんなことを考えている中で人事部の採用担当への配属を知り、正直な話、内定者時代にアルバイトとして採用業務を手伝っていたこともあって、「人事の仕事は1年でやりきれそうだな。2年目からはもっと他の業務にかかわりたい」と考えていました。ですが、半年以上採用担当として活動してきて、内定者時代に見えていた仕事はほんの一部でしかなく、人事という仕事にも、もちろん綿密な戦略立てがあり、明確な数値目標に分解できるとても奥深いものだということを実感しました。数字化することにより目指すべきものがはっきりとして、心配していた仕事に対するモチベーションも無事に保てています。

田中 友規
「成長に終わりはない」だから “保守的な大人”にはなりたくない。

入社から半年が経過しましたが、これまでどのような仕事にとりくんできましたか

とにかく学生さんとお会いして、話すこと。その中で、MJEという会社を知ってもらうこと。これが今の仕事の中心です。面接は勿論ですが、ときには、選考中の方の相談にひたすら乗ることもあります。会社説明会はたいてい入社1年目の採用担当だけで計画・準備するのですが、そこで大勢の前で会社の代表として話をすることも重要な仕事ですね。会社に来てもらうだけではなく、直接大学に赴くこともありますし、とにかく行動あるのみで過ごしてきました。特に「仕事してるなぁ!」と感じたのは、福岡への単身出張でした。このとき与えられていたミッションはとてもシンプル、「一人でも多くの九州の学生に会ってMJEの選考を受けてもらう」というものでした。知り合いの学生さんもいないので、最初は2泊3日くらいのつもりだったんですが、夢中でいろんな学生さんとつながっているうちに、気づいたら大阪を出て10日経っていましたね。

福岡への単身出張、途方もないミッションのように思えますが、不安には思わなかったのですか?

そこはまったく心配してなかったです。もともと、ポジティブ思考で何事も不安に思わない性格というのもあると思いますが、人と会って話すということが好きなんですよね。実際に現地の学生と仲良くなって一人、また一人と、MJEに興味を持ってくれる学生さんがだんだん増えていくのがとにかく楽しくて。想像以上の手ごたえに、思わず上司に出張の延長をお願いしたときには、「やった!まだまだ会えるぞ!」と思っていました。
そのとき出会った方が新たな仲間として春から一緒に働くことに決まったのも、本当に嬉しい気持ちです。

田中 友規

いくつまでに起業をしたいという目標はありますか

30歳までには起業をしたいと思っています。年齢で線引きをするつもりもなくて、その頃までには経験を積んで、何かを達成しているだろうという一つの目安という意味で30歳という数字を掲げています。その“何か”というのは……MJEの育てたい人物像にもある「どこにでも通用するビジネスマン」になれるか、というものだと思います。今は、最低3年かけて人事の仕事に徹底的に取り組もうと思っていますが、ゆくゆくは営業や企画の仕事にも関わって、「もう会社に所属する人間として学べることは十分吸収した!」と思えるレベルにまで極めていきたいです。

今将来に向けてやっていることを教えてください

また、その頃にはどのようなビジネスを行いたいかについても定まっていると思います。今って流行り廃りの入れ替わる感覚が本当に短いですし、仮に今の時代に合うようなビジネスで勝負したいと思っても、2020年以降大幅にニーズが変わってしまうとも言われています。
であれば、今はとにかく知識を吸収しまくるべきだなって思っています。元々本を読む習慣はなかったのですが、上司の方から読みやすいものをまず勧めてもらって最近読むようになりました。

MJEにとって“成長”はとても大切なキーワードですが、田中さんは”成長”をどう考えていますか?

この会社の重要なキーワードでもある“成長”という言葉について、以前とある学生さんから「自分も成長はしていきたいと思っているのですが、成長の先には一体何があるのですか」という質問を受けたことがありました。私が日々の仕事で実感しているのは、「成長に終わりはない」ということ。将来の夢である起業についても、「自分の会社が持てたらゴール」ではなくて、むしろ「どんな良い会社にしていくか」という果てしない道のりのスタートが待っているのだと思います。あえて“なりたくない人間像”をあげるとしたら、“保守的な大人”ですね。いつまでも仕事に全力で取り組んでいて、目の前のチャンスにドキドキワクワクしている、そういう社会人が素敵だなと思います。

ENTRY
エントリーする