MJE INC. RECRUITMENT

CORPORATE PROFILE PDF
松浦 翔子

2015年入社

Matsuura Shoko

松浦 翔子

大阪本社
ヒューマンリソース事業
人事部 アシスタントマネージャー

課題解決といえばこの人。
人事部随一の仕事人

どのような就職活動を行い、またMJEへ入社を決めたのかを教えてください。

昔から本が好きな祖父や父の影響で小さい頃から本を読んだり、文章を書いたりすることが好きで自信もあったので「将来は文章を書く仕事をするぞ!」と考えていました。小説家なんて素敵だなと思った時期もありますが、創作よりも小論文が得意で、“ごちゃごちゃしている事象を文章にしてスッキリまとめてしまうこと”がとにかく快感だったのです。そういうことを仕事にしようと考えた高校時代、思いついたのが、“記者”や“編集”という仕事でした。そこからはマスコミ志望として動き、大学もそういった勉強ができるかどうかを基準に選びました。ただ、マスコミ業界については「書く仕事ができたら嬉しいな!」という憧れの部分だけで就活を進めてしまったこともあって、行き詰ってしまったんですね。そこで、「少しでも本や文章に関われればいいか!」と切り替えて、とにかくたくさんの企業に足を運ぶうちに「こういう社風の会社は価値観が合うかもしれない」「こういう業務も面白いかもしれない」というように、少しずつ“どう働きたいか”というイメージが形作られていきました。最終的に、私にとって“文章を書く"ことそのものが重要なのではなく、“ごちゃごちゃとしたものを片付けて、誰かに納得してもらうその瞬間”に達成感ややりがいを感じるわけで、“書く”ということは武器として使えればそれでいいということにたどり着きました。「せっかく就職するのであれば、幅広い活躍の場があるような、ワクワクするような会社に入りたい」と思うようになり、出会った中で最も「ここで活躍してみたい!」と思ったのがMJEでした。本当に“書く”だけを仕事にしたいのなら、フリーのライターにでもなればよかったわけですしね。

松浦 翔子
本質を見失わない冷静さを 持ち続けることこそが重要である。

現在はどのような仕事をされているのですか?

新卒採用担当としての1年を過ごしたあと、2年目は新しく立ち上がったヒューマンリソース事業で企画・運営・営業などいろいろなことを経験させてもらいました。他社から研修企画のお仕事をいただいたり、他社の新卒採用戦略を一緒に立てて面接や面談を手伝ったり、選考型の合同説明会を企画したりと、本当にさまざまだったので、一時期、「MJEでどんな仕事をしているのですか?」という質問にうまく答えられなかったですね。3年目の今は採用担当としての業務と並行して、“組織人事”として社内の組織活性化に取り組んでいます。部署をまたいだチームビルディング研修の企画や、社内の新規事業コンテスト企画などが最近の大きな仕事でした。

松浦 翔子

実際に働き始めてみてのギャップはありましたか。

働いてみて、“書く”ということ以外にも、案外好きなことや面白いと思えることがあると気づきました。会社のイベントで司会をやってみて“大勢の人前で喋るのが好き”と気づきましたし、“戦略を考えてスケジュールや数値に落とし込む綿密な作業も面白い”と思うようにもなりました。「とにかくいろんな仕事をやらせてくれそうだ!」というのがMJEに就職する最終的な決め手でしたが、間違っていなかったと思います。

これまでの仕事で大変だったことを教えてください。

特に印象深いのが、2年目の1月~3月にかけて行った少人数就活イベントの企画から実行までを行った時期ですね。このイベントは、就活生と企業とが対等な立場で集まって、グループディスカッションを通じて参加企業からオファーをもらうことができる、というイベントだったのですが、まずスケジュールがハードでした。11月から動き出した別の新規企画イベントが終了した翌日(たしかクリスマスでした)に、「1月から新しい企画をうりだすぞ!」と聞きつけ、すぐさまMTGに突入。草案を出してはNG、出してはNGを繰り返し、方向性が決まったらすぐさま企画書を作成、その後は出展企業を集めるために社長とともにひたすら営業へ出向く日々。この業務以外にも、17年4月に入社する新卒生の研修・教育企画を考えたり、入社手続きを進めたりと、とにかくあっという間に時が過ぎていきました。幾つもの仕事を並行して進める能力や、MTGで意見をぶつけ合うための体力は、このときに培われたような気がします。これまで、企画の仕事に必要な能力って斬新なアイデアを生み出せる発想力だと思っていたのですが、実際に企画の仕事に携わってみると、それ以上に、目的を設定する力だとか、企画の目的からズレてしまわないよう、本質を見失わない冷静さを持ち続けることこそが重要であるということを、改めて実感しました。

今年の秋に企画した、社員全員で行う研修旅行でのワークが好評のようですね。

研修旅行については社長室がかなり舵を取ってくれていたので、ワークの設計に集中できたということもありますが、「心の底からやってよかった」と思える仕事になりました。私が入社した2015年当初は、今よりも社員数が少なかったですし、そこまで拠点も分かれていなかったので、どの社員の顔も性格も何となく全員分かるのが当たり前の環境でした。けれど人数が増え、仕事内容も多岐にわたっていく中で、少しずつ普段業務上関わる人以外の事はよくわからなくなってしまって、コミュニケーションが取りづらくなり始め、「ちょっと、寂しいなあ」とひそかに思っていました。今回の研修はグループワークを中心に、なるべく部署や拠点・年齢などがかたよらないようなグルーピングを意識したのですが、嬉しいことに、研修終了後に回収したアンケートに「普段はどうしても関わることが難しい他部署・他拠点の人と関われた」と好意的な感想が多く寄せられて、私が感じていた”コミュニケーションの取りづらさ”は、私だけが感じていたものではなかったのだなあと思いました。大企業に近づいていく以上、横断的なコミュニケーションが取りづらくなっていくのは仕方がないことだとは思っていますが、「人のあたたかさ」というのは、MJEのストロングポイントだと思うので、これからもできるだけ魅力を保持しつつ企業として成長していけるように、組織人事として、様々な取り組みを行っていきたいですね。

ENTRY
エントリーする