MJE INC. RECRUITMENT

CORPORATE PROFILE PDF
柿木原 明良

2007年入社

Kakihara Akira

柿木原 明良

大阪本社
事業戦略室長
ゼネラルマネージャー

MJE創業期からさまざまな
業務改善・新規事業を見てきた
今、考えること

MJEとの出会いを教えてください

実家が自営業をやっていたので、会社を継ぐために20歳まではそこで働いていました。ちょっと衝突してしまったこともあり、家業を継ぐのではなく20歳で家を出て、自ら営業の仕事を始めました。相応の額を稼ぐこともでき、順調な10年間でしたが、雇用されていない分、今後のことを考えると福利厚生面での心配が頭をかすめるようになり、30歳のタイミングで雇われる企業を探しに行きました。そこで紹介された企業の内の1つが、当時まだ社員5名・アルバイト5名くらいの規模のグッドライフOS(MJEの旧社名)でした。折角だからということで、勧めてもらった企業全てに電話したところ、グッドライフOSからは「今日来て欲しいんだけど」と言われ、言われるがままに会社に赴いて、気づいたら採用されて働いていた.......という流れでした。だから、出会いは本当に偶然です。

柿木原 明良
一度きりしかない人生、 柔軟な頭で物事をとらえていきたい。

これまでにどんな仕事をされていたのですか

始めはインターネット回線を取り扱う、コールセンターの営業部の管轄を行っていました。管轄する立場とはいえまだ人数も少なかったので、自分自身もバリバリ営業をしてましたね。その少し後、コールセンター事業が軌道に乗ったタイミングで管理本部長となり、現在に繋がる人事制度の構築を行いました。さらにしばらくすると、社員の増加にある組織再編成に伴い、社長室長という立場に就任しました。ここではどのようなことをしたかというと、「そろそろ新卒採用を行おうか」というタイミングであったためその計画を進める一方で、新規事業の立ち上げ・運営も並行して取り組んでいました。このあたりまで来ると、今の仕事にだいぶ近いかもしれないですね。思えば、各局面で業務改善のようなことに数多く取り組ませてもらったと思います。例えば、創業当時のアルバイトの給料体系を変えたのは入社3日目のことでした。それまでの経験で、「効果的な営業を行うためには、どの客層を狙うかというセグメンテーション+働く人間のモチベーションを高く保つことが大事」だと感じていたので、真っ先にそこに着手しました。ちなみに、そのときのアルバイトのうちの1人は、その後社員となり、今やボードステーション事業・Web事業・メディア事業を統括する責任者にまで成長しました。長く会社にいる分、いろいろな社員の成長を見てきたと思います。

柿木原 明良

次々と新しい手法や改善案を思いつくのは どうしてですか

「インプットすることが好き」ということに尽きると思います。新しくリリースされたサービスやアプリはくまなくチェックしていますし、特に流行っているものであれば必ず利用します。課金制のアプリであれば、試しに課金もしてみますよ。どうしてそんなことをするのかというと、単純に“なぜ売れているのか”を知りたいから。そこには何かしら新しい仕組みや、魅力があるから売れているわけです。私自身、音楽のヒットチャートや新しいドラマや映画にそこまで興味がある方ではないのですが、多くの人が良いと思っているものを知らないままで、新しいアイデアが生まれるとは思えないので、アンテナの感度は常に高くしています。

今後の展望を教えてください

メディア事業やコミュニケーションプラットフォーム事業で模索してきたことなのですが、社長や私の意見に決定権があるトップダウン型のつくりではなく、なるべくみんなで事業を作れるような会社の体制・ビジネスモデルをつくり上げていきたいなと思っています。組織が大きくなって、ビジネスモデルの方法論が確立されるにつれて、“指示を出す人”、“指示されて動く人”と役割が細分化されてしまいがちなのですが、そうなると“指示されて動く人”は、指示を待てばいい。役割さえこなせばいい……と最終的には頭を使わない人間になってしまうんです。他企業の方と交流する機会が多いのですが、エネルギーを感じる会社は、いち営業マンの決裁の幅が広かったり、いろんな角度から提案をしてくれたりと、一人一人の社員ができることの幅がとても広いんですよ。利益や、課せられた目標に対する達成度合いだけではなく、“自ら提案した働きかけ”が評価されるような体制に、今直ぐは難しいかもしれませんが、MJEもシフトチェンジしていきたいですね。これは私個人の考えですが、“自分以外の人でも成立するような仕事”であれば、しても仕方が無いなと思っているんです。ビジネスマンとして“この人がいなければ”と思われるような、市場価値の高い人間としてMJEの社員を育てていくにはどうすべきか……それが今後の課題です。

これから先、どのような働き方をしていきたいですか

「MJEを良くするためにはどうするべきか」という話をここまで散々してきましたが、私の中で“MJEで仕事を続ける”、“起業をする”、“他の会社に転職をする”という3つの選択肢については常にフラットに見ていきたい、と考えています。というのも、一つの選択肢にこだわってしまうのは可能性を狭めてしまうようで勿体無いと思うんです。若い時に家業の大変さ・しんどさを目の当たりにしていた自分が起業するなんて考えは、そもそも持っていなかったはずなのですが、世間の“仕事に対する価値観”がどんどん変化していっている昨今、「一つの考え方に固執せずにいた方が損をしなくて済むな」とここ1~2年で考えるようになってきました。一度きりしかない人生ですし、柔軟な頭で物事をとらえていきたいですね。

ENTRY
エントリーする