MJE INC. RECRUITMENT

CORPORATE PROFILE PDF
石渡 爽汰

2017年入社

Ishiwatari Sota

石渡 爽汰

東京支社
オフィスソリューション事業
営業部

何事にも、勝てるイメージしかない。

どのような就職活動をしていましたか

成果を出せば若いうちから役職と給料が上がる、というのが理想だったので、就活の軸は、”お金が稼げるかどうか” でした。
経済系の学部だったので、最初は大学の先生のアドバイスを受け、証券会社を受けていたりもしました。その後、自分の理想に近いのはベンチャー企業ではと思い、そちらを中心に受けるスタンスに移行しました。MJEに出会うまでに最終選考に進んでいた会社もあったのですが、そんな矢先、友達からの紹介がきっかけでMJEを知り、採用担当と話した時に非常に興味が湧いたので、選考に進みました。

ベンチャー企業について持っていた印象を教えてください

若い人が活躍していて、成長すればするほどどんどん上に行くことができて、そして早くお金が稼げる、という印象でした。
就職活動を始めた当初は、自分自身が力をつけていけば、どこでも稼げるだろうと考えていたのですが、自分の周りにいる実際にベンチャー企業に就職された先輩の話を聞くうちに、年功序列がまだ残っている大手企業よりは、大変だけどベンチャー企業の方が若いうちから昇級を目指せるだろうなというイメージに具体性が増していきました。なので、ベンチャー企業に対してあまりマイナスな感情は持っていなかったです。

石渡 爽汰
先輩は親しみやすい上司であり、目標としているライバル。

すごく前向きな性格であるように感じます

以前から、自分がイメージできるものはすべてできるというマインドを持っていて、根拠のない自信というのは人一倍ありました。ガツガツやっていきたいという思いは昔からあったので、努力すればした分だけ成果に繋がるベンチャー企業があっているのだと感じていました。仕事をしていて感じるのは、やればやるだけチャンススパイラルに乗ることができて、自分がとことんやろうと思って追い込めば、その分成果もついてくるということ。誰にも負けない気持ちだけは本当に強いと思います。

入社後の仕事内容について教えてください

現在はオフィスソリューション事業部にて、企業が抱える問題を解決するための、あらゆる商品を提案する営業の仕事を行っています。
まだまだ若い会社のため新規開拓の営業の割合が多いので、人によってはキツいなと感じてしまうかもしれませんが、自分の場合は、むしろやってやるぞ!と気合を入れて取り組めています。オフィスソリューション事業部は、約10年前にあたる創業当初からある事業部で、長年コピー機を扱う機会が多かったのですが、近年ではインターネット関係のセキュリティー商品の需要も増えてきています。経営者の方と直でお話しするからこそ、時代の流れのようなものを肌で感じることができますね。

石渡 爽汰

学生時代と現在との違いは何かありますか

小中高とサッカーに打ち込む生活を送ってきたため、厳しい環境下で耐え抜くことは、自分にとってはむしろモチベーションになりますし、得意な方でした。しかし、実際に入社してみると、社員一人一人の仲が良く、先輩も気さくな方が多かったため、入社前に思い描いていたイメージとのギャップは正直なところありました。その時に、自分はストイックな環境で鍛錬することは得意でも、自らストイックに追い込んで行く経験はこれまでしてこなかったんだ。苦手なんだなって初めて気がつきました。今まではやらされていた部分もあるけど、ここではやらなければならない。学生時代との違いはこの時にすごく感じました。
入社して3~4ヶ月が経過した頃はそんな風に悩んでいたのですが、やがてこのモヤモヤは、仕事とプライベートのメリハリをつけることが出来ていないことが原因だと分かりました。今は、悩む時期を脱して、同期はもちろん先輩に対しても「負けませんよ!」と宣言してみたりと、普段の仲の良さをある意味では利用して、楽しくモチベーションをコントロールしています。

今後の目標・夢はありますか

いつかは自分の会社を持ちたいという夢があるので、直近では、マネジメントもできるように、とにかく早く出世することが目標です。なので、先輩に追いつけ追い越せの精神で日々の業務に取り組んでいます。私にとって先輩は”親しみやすい上司であり、目標としているライバル”ですね。これまでの経験から、何かに挑戦する時には「自分は出来る」っていう気持ちで常に始められてます。やってみて苦手だと判明して、結果的に上手くいかないこともありますが、自信を持って取り組む分上手くいきやすいんだと思います。これからの社会人生活の中でも、勝ちの姿勢を常に持ちながら、明確なビジョンを見つけて、独立したいです!

ENTRY
エントリーする